シャーロック|乾貴之(たかゆき)役の俳優は?千佐子の愛息子!

2019年秋フジテレビドラマ・シャーロックの第5話が11月4日(月)に放送されます。

第4話では、ボクシングジムの会長・石橋卓也(金子ノブアキ)の熱のこもった演技がとても印象的でした。また、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の鋭い観察眼には驚かされましたね!予想外の展開に本当にドキドキする第4話でした。

さて第5話では、乾千沙子(若村麻由美)という、とても息子思いで献身的な母親が登場します。その甲斐あって息子の貴之(葉山奨之)は設計士として念願の大手ゼネコンに就職するのでした。

しかし数年が経った頃、貴之(たかゆき)の様子に変化が見られ始め、母の千沙子(ちさこ)はその様子をとても心配しながら見守っていました。そんなある日、貴之が行方不明になってしまいます。

貴之の安否は?そして、今作も誉獅子雄の事件の謎解きが非常に楽しみですね!

本記事では「シャーロック|乾貴之(たかゆき)役の俳優は?千佐子の愛息子!」と題し、シャーロック第5話のゲストキャストで、千佐子の息子・乾貴之(いぬいたかゆき)役を演じた葉山奨之さんの経歴やプロフィールをまとめていきたいと思います。

この記事で分かること

  • シャーロック第5話のあらすじ
  • 千佐子の息子・乾貴之(いぬいたかゆき)役柄
  • 乾貴之を演じた葉山奨之の経歴やプロフィール

それでは詳しくみていきましょう。

シャーロック第5話のあらすじと予告PR動画

まず始めに、シャーロック第5話のあらすじと予告PR動画を確認していきます。

第5話のあらすじ

若宮潤一(岩田剛典)が誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に文句を言っている。獅子雄は、同居しているくせに、家賃も生活費も一銭も払っていないのだ。「細かいことを言うな」と取り合わない獅子雄に手を焼いていると、そこに、江藤礼二(佐々木蔵之介)がやって来る。

いつものように事件解明を獅子雄に委ねたい江藤。今回も奇妙な事件だった。彼氏の留守中、部屋に入った女性からの110番通報で警察が駆けつけると、そこはスプラッター映画のような惨状。室内には大量の血液と破れたシャツ、バスルームには血塗れのタオルと凶器と思われる包丁とのノコギリが残されていた。しかし、被害者が見当たらない。周辺の目撃証言や、運び出された痕跡もない。部屋の持ち主、町田卓夫(永井大)を江藤と小暮クミコ(山田真歩)が取り調べるが本人は知らないの一点張り。

さらに、町田は政治家の息子だったため、江藤は上層部から解放するよう指示されてしまう。なんとか町田の鼻を明かしたい江藤は、獅子雄を焚きつける。捜査協力費用を得たい若宮も加勢。「死体が歩いたのかも」と言う若宮の言葉に、獅子雄は「死体は誇り高い。生きてる人間みたいにウロチョロしない」と否定し、“歩く死体”の謎に乗り出すことに。現場に残されたシャツに、町田と同じ会社で働く乾貴之(葉山奨之)のイニシャルが確認された。貴之は2日前から行方不明で、家族から捜索願も出ている。江藤は、貴之の母・千沙子(若村麻由美)から、「息子は町田のパワハラを受けていた」と聞く。社員たちはパワハラを否定するが、獅子雄は町田の不自然さを見逃さず…。

参考元:公式サイト

千佐子の息子・乾貴之(たかゆき)の役柄

乾貴之の役柄

葉山奨之さん演じる乾貴之は、母親の千沙子から大きな期待をかけられながらも、多くの愛情も受けて育ちます。そのため希望していた設計士となり大手ゼネコンに就職します。順風満帆の人生を歩み出したと思われましたが、数年経った頃から状況が変化し始めます。職場でのパワハラに遭い深く悩んではいましたが母親の千沙子の前では平静を装ってました。そんな貴之がある日突然、失踪してしまいます。

葉山奨之のコメント

■台本を読んだ感想はいかがでしたか?

→「現代社会で問題視されているパワハラという題材をドラマで扱うことは挑戦だな、という印象を持ちました。そしてパワハラを受ける側として自分が演じることは、すごく責任を感じましたし、貴之という役がこういう思いをしている方々の代弁者になればいいなと思いました」

■乾貴之はどのように演じようと?

→「家族に見せる顔と、仕事でのパワハラを受けている時の顔との“めりはり”に注意して演じました。母親に接する時は、会社で起こっていることをなるべく見せないように、会社のことを引きずらないように特に意識しました」

■撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

→「永山耕三監督とは久しぶりにご一緒できてうれしかったです。演じる前から、ワクワク感がありましたし、実際現場に入って、“ああ、これだ”と感じました。若村さんは事務所の先輩でもあるのですが、今回が初共演なので、はじめはとても緊張しました。若村さんが演じられる愛情たっぷりのお母さんにすっと乗ることができたので、すごくいい空気感になったのではないかなと思います」

■ディーンさん演じる“シャーロック”は?

→「格好いいですよね。見た目だけではなく、とにかくミステリアス。そこがこのドラマのキーになる部分なのかなと思っています」

■視聴者のみなさまへのメッセージをお願いします。

→「このドラマを見ている人がパワハラをどうとらえるか、人それぞれだとは思いますが、現実でもこういうことがあるのではないかと思うので、考えるきっかけになってくれればと思います」

参考元:公式サイト

スポンサードサーチ

シャーロック|乾貴之役の俳優は葉山奨之!経歴やプロフィール

シャーロック第5話出演で千沙子の息子・乾貴之(いぬいたかゆき)役を演じた俳優は、葉山奨之さんです!

以下、葉山奨之さんの経歴やプロフィール等をまとめていきます

葉山奨之さんのプロフィール

View this post on Instagram

TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020. Coming soon!

A post shared by 葉山奨之 (@shonohayama) on

  • 名前:葉山奨之(はやましょうの)
  • 生年月日:1995年12月19日
  • 年齢:23歳
  • 出身地:大阪府
  • 身長:177cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:バスケットボール・音楽鑑賞
  • 職業:俳優・モデル
  • 事務所:トライストーン・エンタテイメント
  • 公式 Instagramはコチラから

葉山奨之の経歴

葉山奨之(はやましょうの)さんは大阪府出身の俳優で1995年12月19日生まれの現在23歳。

大阪府出身の葉山奨之さんは小学2年生でご家族の仕事のため上京されました。中学2年生の時に、小栗旬さんの映画「クローズZERO」に憧れ、同じ事務所に入るべく、履歴書を送ったそうです。

結果、見事希望が叶い事務所に配属をし、お芝居のレッスンに通うようになりました。

しばらくはオーディションを受けるなど下積み時代を送った葉山奨之さん。

デビューは2011年テレビドラマ「鈴木先生」でした。その後、2012年「GTOスペシャル」、大河ドラマ「八重の桜」にも出演を果たしています。

2015年連続テレビ小説「まれ」で土屋太鳳さんの弟役を演じ、一躍脚光を浴びました。

同年にはフジテレビ「サマー・ストーカーズ・ブルース」で初の主演に抜擢され、その他にも多くのテレビドラマや映画で、着実に実力を積み重ねている若手俳優の一人です。

2018年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でニューウェーブアワードを受賞しました。

現在23歳と若い俳優さんですが、中学2年生から自分の強い信念を持って、事務所に応募し、演技のレッスンに通う等という志の高い葉山奨之さんの今後のますますの成長が期待されます。

趣味はバスケットボールと音楽鑑賞。特に音楽鑑賞はヒップホップ・ロックをはじめとして多くのジャンルの音楽を聞くそうで、かなりの数の楽曲が携帯に入っているのだそうです。

映画鑑賞も趣味の一つのようで一日3本観ることもあるようです。去年は映画を100本観ようと計画していた葉山奨之さんですが、結果1年間で166本もの映画を観たのだそうです。

映画が好きということもあるかもしれませんが、ご本人の役者に対する熱意が感じられる非常に真面目な人柄も伺えますね。今後の活動から目が離せません!!!

最後に

以上、「シャーロック|乾貴之(たかゆき)役の俳優は?千佐子の愛息子!」をご紹介しました。

シャーロック第5話で、千沙子の息子・乾貴之役を演じた俳優は、若手ながらめきめきと実力をつけ評価の高まっている葉山奨之さんでした。

今回のシャーロックでは若村麻由美さん演じる母親・千佐子の息子として、母親からの多くの期待を背負い愛情たっぷりに育った青年を演じます。若村麻由美さんとの親子役での演技もとても楽しみですね。

ドラマ内では失踪する役を演じるキーパーソンとなりますので、そのストーリー展開も期待されます。シャーロック第5話も今から楽しみですね!!!

シャーロック|貴之(たかゆき)の母・乾千沙子役の女優は?悲劇の母親!

2019年11月4日

それでは今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です