日光の社寺が世界遺産に登録された理由は?その魅力に迫る

日光の社寺とは、日光市にある3つの社寺をひとまとめにした呼び名です。

それぞれに深い魅力と歴史がある3つをまとめて「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。

8世紀以降の日光は、男体山を中心に山岳信仰の聖地として栄え、山麓や中禅寺の湖畔には比較的はやくから、社寺が営まれていくようになりました。

今回は、その日光に鎮座する「日光の社寺」が世界遺産に登録された理由と、3つそれぞれの魅力についてまとめていきます。

★日光の社寺が世界遺産に登録された理由とは?

まずは、「日光の社寺」が世界遺産に登録された理由をカンタンにまとめていきましょう。「日光の社寺」はどんな理由で、どんなところが評価されて世界遺産に登録されたでしょうか?

日本人ならば知って損することはありません。3つのうちどの社寺を訪れる際にも、「ここが評価されて世界遺産に登録されたのか」と魅力をさらに楽しむためきっかけになるかもしれません。

・日光の社寺が世界遺産に登録された理由とその評価

日光の社寺が世界遺産に登録されたのは、1999年のことですが、そのあたりから世界遺産登録の方針として同じ国の中での似たような物件の登録が認められにくくなっていました。

日光の社寺の登録以前に、京都や奈良のさまざまな社寺が世界遺産に登録されていたため、日光はそのふたつの古都との差別化をしなくてはなりませんでした。

京都・奈良と日光の社寺の違いは、創建された時代です。京都は平安から室町時代(再建は江戸時代が大半)、奈良は奈良時代に創建されたもの。それに対し、日光の社寺は江戸時代の創建でした。

単純に時代の差だけで差別化したのかというと、そうではありません。建造物の歴史では、時代の差=建築様式の差として表れるのです。

これに加え、京都と奈良では神社とお寺は明確に領域を区分けしているけれど、日光では同じ地域に神社とお寺が集まっています。

これを「神仏習合」といいます。今では神社とお寺が明治時代の神仏分離令によって分かれていますが、かつては一体化していて、その名残として日光の社寺は同じ山域に密集しているのです。

こうした京都・奈良との違いが評価され認められて、日光の社寺は世界遺産に登録されました。

★日光の社寺の魅力に迫る!見逃せない見どころは?

世界遺産に登録された理由についてまとめてきましたが、次に、日光の社寺を訪れる際に見逃せない、見どころをご紹介していきます。

これを知っておけば、日光の社寺を訪れた時、その魅力を零さず堪能することができますので、より日光の社寺を楽しむことができるはず!

それでは、どんな魅力があり、どんな見どころがあるのか?カンタンにまとめていきましょう!

・日光東照宮の魅力、見どころ紹介!

日光東照宮は、日光の社寺の中でも知名度の一番高い社寺ではないでしょうか。その理由は、江戸幕府を開いた徳川家康が祀られている神社であるから。

徳川家康は、日光に祀られることを強く願っていたそうです。それに関する一文が遺言で残っていたそうですよ。

境内には8棟の国宝と34棟の重要文化財があります。

日光東照宮の魅力は、この点と言っていいでしょう。当時の最高の技術をもって作られたと言われている建造物が立ち並び、境内を美しく彩っています。

日光東照宮で見逃せない見どころといえば、「眠り猫」や「見ざる聞かざる言わざる」の三猿をはじめとするユニークな動物の彫刻です。平和を表していると言われているこの彫刻ですが、「眠り猫」や「見ざる聞かざる言わざる」のほかにもいくつかあるので、探してみても面白いですね。

・二荒山神社の魅力、見どころ紹介!

日光の「山岳信仰」の始まりとされている神社。近年、縁結びのご利益があるパワースポットとしても人気です。山岳信仰といえば、本殿の背中に御神体となる山があるというのが基本的な考え方となります。二荒山神社の背中には、日光三山の一つ、男体山があります。

二荒山神社の見どころは、「日光の玄関」とも呼ばれ有名な「神橋」です。大谷川にかかる木造の橋で朱塗が美しく、国の重要文化財にも指定されています。

日光の山々と朱塗の美しい橋、そして川のせせらぎのコントラストはまさに絶景。神聖な雰囲気がただようその空間にいれば、日光がパワースポットだと言われるのも納得ができるはずです。

・輪王寺の魅力、見どころ紹介!

輪王寺はお寺そのものの名ではなく、日光山の御堂や支院など、全体をまとめた総称として「輪王寺」と呼ばれています。

輪王寺の本堂である三仏堂は、日光山でもっとも大規模な木造建築物であると言われています。

そんな輪王寺の見どころといえば、毎年4月に行われる「強飯式」と呼ばれている年中儀式です。内容はとってもユニークで、まるでアニメや漫画にでてくるようなてんこ盛りのごはんを「75杯、1粒残さずに食べる」ように責め立てられる儀式なんです!(笑)

なかなか衝撃的な儀式ですが、この儀式を行った人は無病息災のご利益を得られるとか。とても興味深くて面白い儀式ですよね。

スポンサードサーチ

★まとめ

いかがでしたか。日光の社寺は、京都や奈良とはまた少し違った魅力のある世界遺産です。心落ち着く穏やかで神聖な空気が漂う不思議な場所ですが、パワースポットとしても大人気なんですよ。

雄大な自然も魅力の一つですし、心身ともに癒されながらパワーももらえる日光の社寺、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です