ラックスCMの外国人女優は誰?2019年アンバサダー就任の女性を調査!

2019年8月より、LUX(ラックス)の最新CM「生まれ変わった新しいラックス-ツヤめきに満ちた輝く髪へ」が公開されています。

ラックスといえば誰もが知っている有名ブランドですが、そのCMに起用された女優やタレントは一躍有名になるという言い伝えがあり、過去に起用していた中には、ペネロペ・クルス、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソンなど、名だたる有名女優が名を連ねています。


  • スカーレット・ヨハンソン
  • ナスターシャ・キンスキー(化粧石鹸)
  • ブルック・シールズ
  • リブ・タイラー(スプレーヘアワックス)
  • シャーリーズ・セロン(スパモイスト)
  • ジェニファー・コネリー
  • ガブリエル・アンウォー
  • アリソン・エリオット
  • キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
  • ペネロペ・クルス
  • ナタリー・ポートマン
  • ダイアン・クルーガー
  • ジェニファー・ロペス
  • レイチェル・ワイズ
  • オデット・アナブル
  • クリスティン・デイヴィス
  • ニーナ・ドブレフ
  • 十朱幸代(化粧石鹸)
  • 名取裕子
  • 冨永愛

そんな注目を集めるLUX(ラックス)は2019年8月より新たなブランドアンバサダーを迎えることを発表しました。

そこで今回は、「ラックスCMの外国人女優は誰?2019年アンバサダー就任の女性を調査!」と題し、ラックス最新CMに出演している外国人女優の経歴やプロフィールをまとめていきたいと思います。

この記事で分かること

  • ラックス最新CMの動画&キャプチャ
  • ラックス最新CMに出演している外国人女優の経歴やプロフィール

それでは詳しく見ていきましょう。

ラックス最新CM「生まれ変わった新しいラックス」

まず初めに、ラックス最新CM「生まれ変わった新しいラックス-ツヤめきに満ちた輝く髪へ」を確認していきます!

■ラックス最新CMのキャプチャ

New LUX

女性はみんな、輝く権利をもっている。

輝きを、また、ぬりかえていく。

生まれ変わった新しいLUX

ツヤめきに満ちた輝く髪へ。

ラックスCMの外国人女優はアンハサウェイ!経歴やプロフィール

ラックス最新CMに出演し、新ブランドアンバサダーに就任した外国人女性は、女優のアンハサウェイさんでした!

以下、アンハサウェイさんの経歴やプロフィールをまとめていきます。

アンハサウェイのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anne Hathawayさん(@annehathaway)がシェアした投稿

  • 名前:アン・ジャクリーン・ハサウェイ
  • 生年月日:1982年11月12日(36歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク市ブルックリン区
  • 身長:170cm
  • 趣味:物理学・読書
  • 特技:ラップ
  • 職業:女優・歌手
  • 公式Instagramはコチラから

アンハサウェイの経歴

アンハサウェイさんはアメリカのニューヨーク出身で1982年11月12日生まれの現在36歳。

2001年に公開した「プリティ・プリンセス」で映画デビューを果たし、この作品が全米で1億ドルを超えるヒットとなり大ブレイクしました。


その翌年2002年にはミュージカル「Carniva!!」でブロードウェイデビュー。そして2004年には「プリティ・プリンセス」の続編が公開され、またまた大ヒット。

これによりプリンセスのイメージがついたそうです。

その後、2005年公開の「ブロークバック・マウンテン」でアイドル女優的なイメージを払拭し、2006年公開の「プラダを着た悪魔」ではメリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタントを演じ、コメディエンヌとしての才能が開花します。


2008年公開の「レイチェルの結婚」では、放送映画批評家協会賞主演女優賞などを受賞し、アカデミー主演女優賞にノミネートされました。

 

2010年公開の「ラブ&ドッグ」でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート。第83回アカデミー賞の司会をジェームズ・フランコと共に努めます。

そして、アンハサウェイにとって大きな飛躍の年となる2012年に、「ダークナイトライジング」に出演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

長濱 晃弘さん(@nagahama.akihiro)がシェアした投稿

キャットウーマン/セリーナ・カイル役でアクションを華麗にこなします。アクションシーンが初めてとなるこの作品に向けて、肉体改造を徹底的に行ったそうです。

ピチピチのボディスーツを身にまといながら、アクションをこなすために、限界まで身体っをシェイプアップして仕上げた上に、実際のウエストサイズよりも5cmも小さいボディスーツで撮影に臨むなど作品に対するこだわりや女優としてのストイックさが一躍話題になりました。

同年12月に公開した「レ・ミゼラブル」でファンティーヌを演じ、ミュージカルに挑戦、第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。この2作品の記録的なヒットによってハリウッド女優としての地位を確立しました。

しかし、この時期にアンハサウェイは大衆から批判の的となってしまいます。

「レ・ミゼラブル」でのアカデミー賞授賞式に参加した、ドレスや表情、スピーチ内容が批判の的となってしまいました。

ファンティーヌ役のために11キロ減量し、髪をバッサリ切ったという役作りは、わざとらしいのではないか、評論家からの称賛やオスカー狙いの為にしているのではないか、という風にいわれてしまいました。

ドレスに関しても、老けて見えるとか、スピーチでも作品の売春婦に関する発言が、空気が読めていないのではないかとバッシングを受けてしまいます。

アンハサウェイへの批判は、ネット上で1000万ページを超えるほど取り上げられてしまい仕事にも支障をきたします。

ですが、彼女は多くのメディアに苦しめられたのにも関わらず、それらを跳ね除け、自身の成長の糧にします。「自分を哀れんだりしない」という言葉は彼女の強さを感じさせる言葉でした。

最近では「インターステラー」や「マイインターン」、「オーシャンズ8」など話題作に出演していますね。

過去のゴシップをものともせず、女優しての演技の幅を広げていっています。

私生活では、2011年11月に3年間交際していた俳優のアダム・シュルマンとの婚約を発表し、2016年に第1子の男児を出産しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anne Hathawayさん(@annehathaway)がシェアした投稿

スポンサードサーチ

最後に

以上、「ラックスCMの外国人女優は誰?2019年アンバサダー就任の女性を調査!」をご紹介しました。

女優としての美貌と演技の才能を兼ね備えたハリウッド女優は羨ましい人生ですよね。

簡単になれるものではないでしょうし、想像もつかないくらいの努力をしているのでしょうね。

波乱万丈の経験がより強く美しい女性としての成長につながっているのではないでしょうか。アンハサウェイさんの今後の活躍にも期待です!!

それでは今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です