ルパンの娘|磯山樹里(じゅり)役の女優は?温泉旅館の若おかみ!

ルパンの娘第7話が8月22日(木)22時から放送されます。

泥棒一家に生まれた娘・三雲華と、警察一家に生まれた息子・桜庭和馬の禁じられた恋愛模様を描いたドラマ「ルパンの娘」は、フジテレビ系「木曜劇場」で毎週木曜日22時から放映中です。

今夜放送の第7話では、桜庭家御用達の旅館でお互いの家族と対面!ここでもトラブル発生の予感がしますので、ぜひとも忘れずにチェックしたいですね。

さて今回は、「ルパンの娘|磯山樹里(じゅり)役の女優は?温泉旅館の若おかみ!」と題し、結納を行う旅館の若女将・磯山樹里役としてゲスト出演している女優の経歴やプロフィール等をまとめていきたいと思います!

この記事で分かること

  • ルパンの娘第7話のあらすじと予告PR動画
  • 磯山樹里役としてゲスト出演している女優の経歴やプロフィール

それでは詳しく見ていきましょう。

ルパンの娘第7話のあらすじと予告動画

ルパンの娘第7話のあらすじと予告PR動画はコチラ↓です。

三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)から正式なプロポーズを受ける。和馬は華が“Lの一族”と知った上で、ともに運命を乗り越える決心をしたからだ。華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は、折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。しかし、華は反対。まだ、マツ(どんぐり)以外で、桜庭家が警察一家と知っている家族はいなかった。

一方、和馬も典和(信太昌之)たちに華へのプロポーズを報告。だが、典和や美佐子(マルシア)が喜んだのは和馬の捜査一課への異動だった。典和は、結婚には和一(藤岡弘、)への報告も必要と和馬を促す。和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ねただけで、滝に打たれに出かけてしまった。

和馬が三雲家に挨拶に来ると、尊と悦子(小沢真珠)は泥棒への勧誘を始める始末。見送りに出た華は和馬に謝る。和馬は、これからはお互いに嘘をつかないこと、華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話した。華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。渉(栗原類)は自室で爆睡中。数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、二人を応援すると言う。そこに尊と悦子が帰って来てしまった。華は和馬を渉の部屋に隠し、マツの協力で何とか乗り切ろうとする。

和馬が家に帰ると、典和が結納を行うと言う。しかも、桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう作戦を練るが・・・。

引用元:ルパンの娘公式HP

ルパンの娘|磯山樹里(じゅり)役の女優は?温泉旅館の若おかみ!

ルパンの娘第7話のゲストキャストで、華と和馬が結納を行う温泉旅館の若おかみ役を演じた女優は、真魚(まお)さんでした!

以下、真魚(まお)さんの経歴やプロフィールをまとめていきます。

真魚のプロフィール

  • 名前:真魚(まお)
  • 生年月日:1991年8月5日
  • 星座:獅子座
  • 出身地:愛知県豊橋市
  • 身長:162cm
  • 座右の銘:なんとかなる
  • 職業:女優
  • 好きな食べ物:納豆
  • 事務所:ワタナベエンターテインメント
  • 公式Twitterはコチラから

真魚の経歴

真魚(まお)さんは愛知県豊橋市出身の女優で、1991年8月5日生まれの現在28歳。

高校を卒業後に上京し、古着屋で正社員として働いていましたが、岩井俊二さん監督の映画「スワロウテイル」を観て女優を志すようになりました。

23歳で古着屋を退職後に事務所に所属し、映像作品の撮影前の確認を行う「スタンドイン」の仕事やエキストラを中心に経験を積んでいきます。

しかし、”事務所にばかり頼るのではなく自力で頑張りたい”と一念発起し、事務所を退所後はフリーランスで活動を始めました。

グイグイと前に行くタイプの積極性や、誰とでもすぐに打ち解けることができるような性格を持つ真魚さんは、努力の甲斐あって2017年公開の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」で社員の役、テレビドラマ「孤食ロボット」では居酒屋店員役と、名前こそないものの映像作品への出演を続けていきました。

そんな中、監督&俳優養成スクールの「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクトは書類審査だけで落選することがないということを知ったため、アピールの機会を得るために2017年の第7弾オーディションに参加します。

このオーディションで上田慎一郎監督に抜擢されたことがきっかけとなり、全国で大きな人気を獲得した「カメラを止めるな!」への出演が決まりました。

主人公・日暮隆之の娘、日暮真央役として出演した真魚さんは、名前のある役柄を始めて演じることになりました。

2017年の先行上映を経て2018年に小規模公開された「カメラを止めるな!」ですが、口コミを中心に大きな話題を呼び、47都道府県全てで公開されることが決まり、一気に人気を集めました。

真魚さんの出身地である愛知県豊橋市での上映が決まった際には舞台挨拶に凱旋登壇するなど、映画公開後も話題が絶えない「カメ止め」効果もあり、2018年9月から現在の事務所であるワタナベテンターテインメントへの所属を決めました。

2019年に行われた「ええじゃないかとよはし映画祭」では、上田慎一郎監督とともにゲストとして出演するなど、まだまだ「カメラを止めるな!」の影響は大きく残っています。

「カメラを止めるな!」の大ヒットの効果もあり、ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018「果てからの念波」や、2018年冬のドラマ「ドロ警−警視庁捜査三課」への出演など着実に女優としての経験を積んできました。

2019年5月に公開された映画「バブルジャンパーズ&ホイールチェアクイーン」では主演を演じました。

「カメ止め!」出演者と早く別の作品で共演したいとよく話していた真魚さんですが、今回の「ルパンの娘」で深田恭子さん演じる三雲華の祖母・マツ役で出演しているどんぐりさんと共演を果たすことになり、ドラマ公式HPで喜びのコメントを発表していました。

ルパンの娘公式HP|真魚さんのコメントはコチラから

今後も「カメ止め!」メンバーとの共演や、新たな映像作品への出演が期待できますね。

■真魚さんのこれまでの出演作品はコチラ↓です。

スポンサードサーチ

最後に

以上、「ルパンの娘|磯山樹里(じゅり)役の女優は?温泉旅館の若おかみ!」をご紹介しました。

女優さんといえば10代の頃から夢に向かって頑張る印象が強いですが、真魚さんは23歳から女優を目指し、壮絶な努力の末に知名度を得ています。

映画「カメラを止めるな!」のイメージが強いですが、入り込むと周りが見えなくなってしまうほどの集中力や、座右の銘でもある「なんとかなる」という思考から、今後もますます期待ができる真魚さん。

CMやドラマ、映画と様々な活躍が期待できますので、まだチェックできていない方は今のうちにしっかりと把握しておきましょう。

それでは今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です