レクサスミニバンの価格・値段や内装は?日本で発売される可能性は?

”驚きのニュース”が飛び込んできましたね!

レクサスの台湾部門は、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、
新型車を初公開すると発表しました!

まだ断定的に”レクサスミニバン”とは公表していないですが、
充実した居住空間(ラグジュアリースペース)」のメッセージが添えられていることから、

ミニバンである可能性はかなり高いと思われます。

ついにレクサス初のミニバンが誕生することになりますね。

そこで今回は、「レクサスミニバンの価格・値段や内装は?日本で発売される可能性は?」と題し、

レクサスミニバンに関しての詳細を調査したので、ご紹介していこうと思います!

それでは詳しく見ていきましょう。

レクサスミニバンの最新情報

まず現時点で判明している、レクサスミニバンに関しての最新情報をまとめていきます。

  • 新車名:レクサス LM
    ※すでにLM300h・LM350の商標登録がされている。
  • 現在のレクサスラインナップの中で、最も室内空間の広いモデル。
  • 中国と東南アジア専用車。
  • 競合車:メルセデスベンツ『Vクラス』
  • スピンドルグリルに3連ヘッドライト、L字型のLEDデイタイムランニングライトを装備。

※新たな最新情報が判明次第、追記していきます。

レクサスミニバンの内装(エクステリア)は?

それでは最新情報を踏まえて、内装(エクステリア)を予想していきます!

まず公開された画像から、

スピンドルグリルに3連ヘッドライト、L字型のLEDデイタイムランニングライトを装備していることが分かりました!

補足説明
・スピンドグリル…レクサスを象徴するフロントイメージ。スピンドルグリルの「スピンドル」は、紡績機の糸を巻き取る紡錘のこと。

・デイタイムランニングライト…昼間の明るいうちから車両の前照灯などを点灯させること。

またヘッドライトは今のレクサス車と同様に、
アダプティブハイビームとなる他、シーケンシャルウィンカーもおそらく採用されるでしょう。

アダプティブハイビーム

補足説明
・シーケンシャルウィンカー…複数のLEDを順番に点灯していくこと。

内装(インテリア)全般に関して言えることは、

間違いなく現在の最高級ミニバンである”アルファード/ヴェルファイア”の「エグゼクティブラウンジ」を超えるクオリティになってきます。

※アルファード/エグゼクティブラウンジのインテリア情報はこちら

となれば、”究極とは何か”を追求したスペックとなるのではないでしょうか!

椅子に関して言えば、マッサージ機能が付いたり、
AIを導入して自動的に疲れない姿勢にしてくれるとか。笑
素材は間違いなく、”本革”を採用してくるでしょうね。

スポンサードサーチ

レクサスミニバンの価格・値段は?

今回発表される車名が「LM(Luxury Mini van)」というこで、「L」が付与されていますね。

レクサスの「L」は、

「LS(セダン)」「LX(クロスオーバー)」「LC(クーペ)」、そして「LQ(最上級SUV)」

1000万円を超えるモデルなので、

今回の「LM」も1000万円は超えてくるものと思われます!

それに、現在アルファード/ヴェルファイアの価格帯は約3百万円~約7百万円なので、

レクサス車として、ここのアンダーラインは確実に超えてきますね。

またアルファード/ヴェルファイアにはカスタマイズカーとして、

「ロイヤルラウンジ」という超高級モデル(1500万円)がありますので、

ここのラインにも近づけてくるのではないかとも予想できます。

私の予想では、標準価格で1000万円以上2000万円以下です!

レクサスミニバンは日本で発売される?

レクサスミニバンが日本で発売されるかどうかですが、
現状ではグレーだと思います。

現時点では、”中国と東南アジア専用車”ということなので、日本で発売されることはないでしょう。

ただ日本は、アルファード/ヴェルファイアが人気であるように、
ミニバンの需要が高いので、今後日本で発売される可能性も否定できません。

そうなれば、今でいうアルファード/ヴェルファイアのポジションになるので、
送迎車等はレクサスに取って代わるでしょうね。

スポンサードサーチ

レクサスミニバン発表に対する世間の反応は?

※ヤフーコメント欄より

安いグレードで勘違いしたオラオラアルヴェル乗りがうざいので、出すなら1000万オーバーのワングレード展開でお願いします。

現在のVクラスはそれなりに仕立ててありますが商用車ベースなのでアルファードに比べ高価格なりの高級感はありません。
ガチンコの競合にはなり得てないですね。
実際にガレージにポルシェやフェラーリと一緒に収めてるのはVクラスではなくアルファードが多いですから。
おそらく1000万以上でもそれなりに売れるでしょう。ですから客層も被らないとおもいます。
というより1200万以上の価格にし相応な車にして発売してもらいたいですね。

シャシーとボディの大幅補強した上で、パワートレインもアルファード・ヴェルファイアの4気筒ハイブリッドではなく、V6ハイブリッドにするとか、足回りも大幅補強でエアサス採用、そして音振対策をものずごく頑張って相当差別化しないと見た目だけなら高いだけにおわるよ。高くなっても仕方ないから、中途半端なものは出さないようにしてもらいたい。

レクサスのデザインをもうすこし差別化してほしいと思う。トヨタ車をLにさせただけっていう感じ。車の性能はかなり優れているのだから、あとはデザインをもう少し何とかしたほうがいいと思う。センチュリーのような日本らしい重厚なデザインで品があって、憧れてドキドキするようなデザインで発売してほしい。

前から中国や東南アジアからはレクサスのミニバン要望はありましたね。
ついにってことになりますが、戦略上日本には導入されないのかな。日本ではアルヴァルにレクサスバッジが増えるのかなー。

オラオラ系は高くても買いそうですね。
私のまわりでアルファード乗ってる奴らは買いそうです。
まぁ型落ちになったらすぐに買い換えるから良い客ではあるでしょう。

2000万円クラスの全部入り超豪華装備で、品のあるデザインのを出して欲しいね。その辺の「あんちゃん」が絶対買えないレベルのをね!

レクサスブランドを打ち出して上層吸収の戦略をとるというコンセプトではあったはず。年月が過ぎ結局はトヨタラインナップに沿った展開になってしまった。
ここまでくるとトヨタとのカニバリが加速しないのだろうか。グロスでみれば相乗効果が期待できるものなのか懐疑的。

ちょっとレクサスのイメージから外れるんじゃないかと思う。ベンツはミニバン作ってるけどもともと商用車のイメージも強いブランドだし。アルヴェルも結構な高額車になってるからそっちに任せてもいいと思うけどなぁ。少なくとも国内で出したらブレてると思われる気がする。

最後に

以上、「レクサスミニバンの価格・値段や内装は?日本で発売される可能性は?」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

レクサスミニバン(LM)の詳細は、4月16日に中国で開かれる上海モーターショー2019以降になるので、最新情報が入り次第追記したいと思います!

どんなスペックの高級車が誕生するのか非常に楽しみですね!

それでは今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です