即位記念硬貨はいつから販売?申込方法・購入制限や価格を調査!

天皇即位を記念して、”即位記念硬貨”を発行することが財務省より発表されましたね!

記念硬貨はその希少性からかなりのプレミアが付くと言われていますし、また今上天皇(徳仁さま)の”即位記念品”でもあるので、多くの人が”記念硬貨”に関心を寄せていたのではないでしょうか。

そこで今回は「即位記念硬貨はいつから販売?申込方法・購入制限や価格を調査!」と題し、記念硬貨の詳細と販売情報や申し込み方法をまとめていきたいと思います!

■この記事で分かること

  • 即位記念硬貨がいつからいつまで販売されるか
  • 即位記念硬貨の申し込み方法
  • 即位記念硬貨の詳細

それでは詳しく見ていきましょう。

即位記念硬貨はいつから販売?

財務省によると天皇陛下記念硬貨の販売(申込受付期間)は、

  • 令和元年7月11日から3週間程度

とされています。

3週間”程度”と表記されているのは、おそらく申込枠が達成され次第、あるいは抽選枠も埋まり次第受付中止ということなのでしょう。

また商品発送予定時期は令和元年10月以降となっているので、申込→当選→商品到着といった一連の流れは約3か月の期間を要することになります。

ちなみに今回の”天皇即位記念硬貨”の詳細は令和元年7月10日(水)17時に公表予定です。

なので購入を検討している方は、7月10日(水)17時にコチラ↓を確認してください。

  • 造幣局ウェブサイト:https://www.mint.go.jp/
  • 造幣局ハローダイヤル(電話050-5548-8686・受付時間 午前8時から午後9時、年中無休)

即位記念硬貨の価格やデザインは?

それでは販売期間を確認したところで、気になる価格やデザインを見ていきましょう!

※より詳細な情報はコチラ(→財務省)をご確認ください。

貨幣の種類 一万円 500円
図柄(表面) enthronement_10000_gold_o.jpg enthronement_500_bicolorclad_o.jpg
図柄(裏面) enthronement_10000_gold_r.jpg enthronement_500_bicolorclad_r.jpg
素材 ニッケル黄銅、白銅及び銅
発行枚数(うち引換枚数) 5万枚 500万枚(497万枚)
引換予定時期 令和元年10月
販売価格(消費税率10%適用) 140,555円 500円
販売数量 2万個
備考 造幣局から販売(※引換なし) 原則金融機関窓口で額面価格にて引換。
2点セット
販売価格 142,593円
販売数量 一万円金貨3万枚、500円硬貨3万枚

注意点としては、販売開始が10月予定なので消費税率は10%を適用しています。

また500円記念硬貨は、原則金融機関窓口で額面価格にて引換なのでご注意ください!

即位記念硬貨の申込方法・購入制限を調査!

申し込み方法は上述の通り、7月10日(水)17時に公表予定なので現段階では分かりません。

ただ天皇陛下御在位30年記念硬貨の時とそれほど変わらないものと予想できるので、コチラを参考にされると良いでしょう。

■金貨単体と2点セット

  • 販売数量(個数制限):お一人様1個限
  • 申込数:はがき一枚につき、お一人分のお申込み
    ※複数のはがきによる申込み、はがきと造幣局オンラインショップによる重複の申込みも可。
    ※住民票登録のある住所の記入必須
  • 申込方法:はがき又は造幣局オンラインショップにより申し込み。
  • 返品不可
  • 支払方法:コンビニ又は銀行に手入金、あるいはクレジットカード
  • その他参考情報はコチラ

■500円記念硬貨

  • 引き換え枚数:お1人につき、2枚以内
  • 引換取扱期間:銀行(信託銀行、ゆうちょ銀行及び外国銀行在日支店を含む。)、信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会

スポンサードサーチ

最後に

以上、「即位記念硬貨はいつから販売?申込方法・購入制限や価格を調査!」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

記念硬貨は、その名の通り滅多に販売されない貴重品かつプレミアが付く硬貨です。

”純粋に記念品として欲しい人”の手に渡れば幸いですが、実際は売買目的で購入する人が大勢いるのでその点注意が必要です。

天皇陛下記念硬貨の詳細は、令和元年7月10日(水)17時に公表予定とのことなので、まずはスケジュール帳にしっかりとメモして忘れないように心掛けましょう!

また500円記念硬貨に関しては、前回(天皇陛下御在位30年記念硬貨)は1週間以上たっても主要銀行で引換できていたので、今回もおそらくそれほど早くにはなくならないと思います。

ただ心配な方は「天皇陛下記念硬貨 銀行 在庫」と検索すれば、いくつか記事が出ているでしょうから、そちらの情報を参考に行動してくださいね。

せっかくの記念硬貨なので、ぜひとも一枚は入手しておきたいところですね!

それでは今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です