シャーロック|山下佐和子(さわこ)役の女優は?藍子の元クライアント!

2019年秋フジテレビドラマ・シャーロックの第2話が10月14日(月)に放送されます。

第1話は、誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)の一般人とは相いれないクセのある性格が描かれました。そして相棒となる精神科の医師・若宮潤一(岩田剛典さん)との出会い場となる病院で、医師の自殺真相をめぐるスリリングな展開が繰り広げられましたね!

さて注目の第2話は、所持品から”高橋博美”という女性の遺体と見られるも、なぜか手首に身元不明遺体の番号が貼られ、その遺体の真の身元を究明するという事件の展開です。

そこで登場するのが弁護士の青木藍子(菅野美穂さん)と藍子の元クライアント・山下佐和子(三浦透子さん)。

山下佐和子は、「運命に翻弄されながらも真剣に人生の変化に向き合おうとする」、という何だか少し難しい役柄のようです。

ドラマにどのような影響をもたらす人物なのか、非常に気になるところですね!

今回は「シャーロック|山下佐和子(さわこ)役の女優は?藍子の元クライアント!」と題し、山下佐和子役を演じた女優・三浦透子さんの経歴やプロフィール等をまとめていきたいと思います!

この記事で分かること

  • シャーロック第2話のあらすじと予告PR動画
  • シャーロック|山下佐和子の役柄
  • 山下佐和子役を演じた三浦透子の経歴やプロフィール

それでは詳しく見ていきましょう。

シャーロック第2話のあらすじと予告PR動画

まず始めに、シャーロック第2話のあらすじと予告PR動画を確認していきます。

第2話のあらすじ

 事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮。そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。若宮も無理矢理連れてこられている。江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが…。その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始める。遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始める。婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが・・・。

引用元:公式サイト

藍子の元クライアント・山下佐和子の役柄

第2話で登場する山下佐和子(三浦透子さん)の役どころは、【弁護士である青木藍子の元クライアント】です。

運命に翻弄される少し影のある女性として登場するようです。

三浦透子のコメント

「普通に生きていただけなのに、急に目の前の景色が変わったり、いつも側にいた人がいなくなったり、知らない場所に放り出されたり。ほとんどの人には起こらないことだけれど、でも明日起こるかもしれない。私が演じた山下佐和子は、そんな突然の運命に翻弄(ほんろう)されながらも、真剣に人生の変化と向き合おうとする女性です。どんな世界観のドラマに仕上がっているのか想像ができません。完成をとても楽しみにしています」

引用元:公式サイト

スポンサードサーチ

シャーロック|山下佐和子役の女優は三浦透子!経歴やプロフィール

シャーロック第2話ゲストキャストで、藍子のクライアント・山下佐和子(さわこ)役を演じた女優は、三浦透子さんです!

以下、三浦透子さんの経歴やプロフィール等をまとめていきます。

三浦透子のプロフィール

  • 名前:三浦透子(みうらとうこ)
  • 生年月日:1996年10月20日
  • 年齢:22歳
  • 出身地:北海道
  • 血液型:B型
  • 身長:157cm
  • 事務所:ユマニテ
  • 職業:女優・歌手
  • 公式twitterはコチラから

三浦透子の経歴

三浦透子さんは北海道出身の女優で、1996年10月20日生まれの現在22歳。

三浦透子さんのデビューは2002年に3000人のオーディションを見事に勝ち抜き、2代目なっちゃんとしてサントリー「なっちゃん」のCMへの出演がきっかけでした。(当時6歳)

2007年にはレギュラー出演でテレビドラマ「チョコミミ」に登場しました。

幼い頃から子役として活動している三浦透子さん。
その後ドラマやCMなどにも多数出演し、2012年7月に現在の所属事務所であるユマニテに移籍しました。

2015年にはテレビCMで歌手デビューを果たしています。

第一三共ヘルスケアの「ミノン全身シャンプー」のCMソング「おかあさんへ」は三浦透子さんが担当しています。

その後、映画やドラマ等に出演しながら、映画「ロマンス」のエンディングテーマも歌いました。

2017年には「かくしてわたしは、透明からはじめることにした」というカバーアルバム(全9曲)をリリースしてCDデビューもしています!


 
 
また、2019年に新海誠監督のアニメーション映画「天気の子」の音楽を担当したRADWIMPSの野田洋二郎さんからボーカルに大抜擢され、主題歌「祝祭(Movie edit) feat.三浦透子」「グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子」を歌っています。

その「太陽の子」の主題歌ボーカル抜擢により、RADWIMPSとともに「ミュージックステーション」や横浜アリーナでの公演にも出演していました。

実は三浦透子さんは美声の持ち主として業界でかなり前から注目されていたそうです。

2014年のライオンのCMに出演したところ、CM監督から「とてもいい声をしているから歌った方がいい」、と言われたことを機に、そのCM監督が手がけたCM(第一三共ヘルスケア「ミノン全身シャンプー」)のCMソングや映画「ロマンス」の楽曲を歌うように三浦透子さんにオファーしたとのことでした。

RADWIMPSの野田洋次郎さんはなんと1年もの間、自分と共に歌う女性を探してオーディションをした結果、三浦透子さんに決定したそうです。野田洋次郎さんは三浦透子さんの声を「どんな天気も晴れにしてしまうような圧倒的な不思議な力を持っていました。」と大絶賛していました。

女優だけでなく、歌手としての才能も抜群の三浦透子さんの今後の活躍から目が離せませんね!

最後に

以上、「シャーロック|山下佐和子(さわこ)役の女優は?藍子の元クライアント!」をご紹介しました。

シャーロック第2話に青木藍子(菅野美穂さん)の元クライアントとして登場する山下佐和子を演じる三浦透子さんは、2代目「なっちゃん」のCMに出演し、また「太陽の子」の楽曲の歌手もされている多才な女優・歌手でいらっしゃいます。

シャーロックの中では、運命に翻弄されながらも一生懸命に生きる健気な女性を演じます。
どのような演技が見られるかファンの方は必見ですね!

それでは今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です