シャーロック|梶山裕太(ゆうた)役の俳優は?ライト級世界チャンピオン!

2019年秋フジテレビドラマ・シャーロックの第4話が10月28日(月)に放送されます。

第3話では、警視庁捜査二課の敏腕刑事・市川利枝子(伊藤歩)の地面師詐欺事件との思わぬ展開が驚きでしたね!さすがの誉獅子雄(ディーン・フジオカ)にとっても難事件となった回でした。

さて第4話では誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が若宮潤一(岩田剛典)を連れて二階級制覇の初防衛をかけたボクシング世界チャンピオン戦を観戦に行きます。しかし、試合開始直前にチャンピオン・梶山裕太(矢野聖人)が姿を消し突如試合中止となります。

どんなスリリングな展開になるのか非常に楽しみですね!

そこで今回は「シャーロック|梶山裕太(かじやまゆうた)役の俳優は?ライト級世界チャンピオン!」と題し、シャーロック第4話のゲストキャストで、ライト級世界チャンピオン・梶山裕太役を演じた矢野聖人さんの経歴やプロフィールをまとめていきたいと思います!

この記事で分かること

  • シャーロック第4話のあらすじ
  • ライト級世界チャンピオン・梶山裕太の役柄
  • 矢野聖人の経歴やプロフィール等

それでは詳しくみていきましょう。

シャーロック第4話のあらすじと予告PR動画

まず始めに、シャーロック第4話のあらすじと予告PR動画を確認していきます。

第4話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)とボクシングの試合観戦。ボクシングのこととなると熱くなる獅子雄が飛ばすキツい野次に辟易する若宮は帰ろうとするが、獅子雄に無理矢理引き止められウンザリ顔。この日のメインイベントは、二階級制覇の世界チャンピオンである梶山裕太(矢野聖人)の初防衛をかけた注目の戦い。観客のボルテージも最高潮となる中、その時を迎えた。

しかし、リングアナウンサーが派手にコールするも、梶山は一切姿を現さない。異様な状況に観客がどよめき始めると、梶山急病による試合中止のアナウンスが。騒然とする観客席を後に、獅子雄は若宮の制止も聞かず梶山の選手控室へと入って行ってしまう。すぐに獅子雄は、梶山の急病は嘘と見抜き、ボクシングジム会長の石橋卓也(金子ノブアキ)に梶山を出せと迫る。

その時、江藤礼二(佐々木蔵之介)が現れ、梶山の行方を捜していると言う。一時間ほど前に、近くの坂で、ある男性の遺体が発見され、付近で梶山が目撃されていたのだ。世界チャンピオンから一転して殺人事件の重要参考人となった梶山は一体どこへ消えたのか?そんな中、獅子雄は、梶山の控え室に置かれたプレゼントの山の中に、女性物の傘を見つけ目を輝かせる・・・。

参考元:公式サイト

ライト級世界チャンピオン・梶山裕太の役柄

梶山裕太の役柄

「石橋本郷スポーツジム」で会長・石橋卓也(金子ノブアキ)に若い頃からその才能を認められ、ライト級世界チャンピオンにまで上りつめた梶山裕太(矢野聖人)。ですが、二階級制覇初防衛の世界チャンピオン戦の当日に失踪し、試合は中止になります。その日、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は若宮潤一(岩田剛典)とともにその試合観戦に行くのですが、突如の試合中止に控室へと向かいます。そこで、梶山裕太がある事件の現場から立ち去るところが目撃されていたと判明します。

矢野聖人のコメント

■台本を読んだ感想は?
→「話が進むに連れて、シャーロックの世界観にどんどんひきこまれていきました。この役を早く演じたいと思ったし、現場に入るのを待ちわびていました」

■梶山裕太を演じるにあたって考えられたことは?
→「回想で高校生から現在(32歳)までを演じるのが、ビジュアルはもちろん、感情も変化していく中で大変だなと思いましたが、同時に自分にとって挑戦だと思いました。どんな風に映っているか楽しみにしています」

■ボクシングシーンの収録はいかがでしたか?
→「父の影響で小さい頃から格闘技を観るのが好きだったのですが、やったことはほとんどなかったので、実際に芝居の中でボクシングをやるのが楽しみでした。後楽園ホールでも撮影させていただき、ちゃんとチャンピオンに見えていたらいいなと思います」

■撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?
→「監督の野田さんをはじめ、知っているスタッフの方が多く、実際にもさまざまな指導をしていただき、とてもお芝居がしやすい環境でした」

■ディーンさん演じる“シャーロック”について、またディーンさんとの共演については?
→「実はディーンさんとはこれで三度目の共演になるので、またご一緒できるんだなと素直にうれしかったです!」

■最後に視聴者のみなさまにメッセージをお願いします。
→「はかなくてもろい梶山に是非感情移入していただいて、一味も二味も違った今話を楽しんでもらえたらうれしく思います!!」

参考元:公式サイト

スポンサードサーチ

シャーロック|梶山裕太役の俳優は矢野聖人!経歴やプロフィール

シャーロック第4話出演でライト級世界チャンピオン・梶山裕太(かじやまゆうた)役を演じた俳優は、矢野聖人さんです!

以下、矢野聖人さんの経歴やプロフィール等をまとめていきます。

矢野聖人さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢野 聖人(@masato_yano)がシェアした投稿

  • 名前:矢野聖人(やのまさと)
  • 本名:三浦聖人(みうらまさと)
  • 生年月日:1991年12月16日
  • 年齢:27歳
  • 出身地:東京都
  • 身長:174cm
  • 血液型:B型
  • 職業:俳優
  • 事務所:ホリプロ
  • 公式Instagramはコチラから
  • 公式Twitterはコチラから

矢野聖人の経歴

矢野聖人(やのまさと)さんは東京都出身の俳優で1991年12月16日生まれの現在27歳。

学生時代から読者モデルとして活動していた矢野聖人さんですが、2008年頃にはジャニーズ事務所にも所属されていました。

高校卒業後はアルバイトをする傍ら、2010年にホリプロ創業50周年記念事業、蜷川幸雄の舞台「身毒丸」の主演オーディションに応募し、グランプリを受賞しています。

以降、2010年のテレビドラマ「GOLD」で俳優デビューを果たし、2011年に舞台「身毒丸」の主演を見事に演じ切りました。

同年放映の映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で映画デビューもされています。

2012年「リーガル・ハイ」、同年「GTO」、2013年「ショムニ2013」に登場。

また2016年NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、2018年「相棒シーズン16」にも出演し、2018年「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」では主演に抜擢されました。

■矢野聖人さんの詳しい出演歴はコチラ↓から

着実に俳優としてのキャリアを積み上げていらっしゃる矢野聖人さんの今後の活躍が期待されます!

矢野聖人さんは今回のシャーロック出演の役柄に合わせて髪の毛を金髪に染めたそうです。ディーン・フジオカさんとの共演も2回目となります。

また月9への出演も今年の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」で放射線技師役として出演しました。月9への連続出演も果たし、ファンとしては矢野聖人さんのますますの活躍に目が離せないところです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢野 聖人(@masato_yano)がシェアした投稿

俳優としての経歴は約10年となりますが、その出演ドラマや映画は数多く、役柄もコミカルからシュールな役柄までしっかりと演じる実力派若手俳優の一人。今回の「シャーロック」への出演でその演技も注目ですね!

最後に

以上、「シャーロック|梶山裕太(かじやまゆうた)役の俳優は?ライト級世界チャンピオン!」をご紹介しました。

シャーロック第4話で、ライト級世界チャンピオン・梶山裕太役を演じた俳優は若手実力派俳優の矢野聖人さんでした!

月9への出演は2回目となる矢野聖人さんは、コミカルな演技もシュールな演技もこなす実力派の俳優です。ホリプロ創業50周年記念事業、蜷川幸雄演出「身毒丸」のオーディションで見事優勝したことで俳優としてのスタートを切りました。

今回の月9では、ボクシングライト級世界チャンピオン・梶山裕太役を演じますが、この役を演じるにあたり金髪に染めてその意気込みも感じられます。ドラマ内では突如として初防衛戦から姿を消し、ある遺体の発見現場から立ち去るところを目撃される、という事件の重要人物として出演します。

いまから事件の展開が楽しみですが、その矢野聖人さんの迫真の演技も見どころの一つです。

ディーン・フジオカさんの趣味がボクシングであり、ディーンさんのボクシングシーンも見られるというこの第4話。後楽園ホールを貸し切っての撮影で臨場感もたっぷりです。矢野聖人さんの演技とともに第4話の展開が楽しみですね。

それでは今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です