4分間のマリーゴールド|花屋の店員役は誰?名前もチェック

TBSドラマ系金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」が2019年10月11日よりスタートします。

このドラマは、キリエの同名漫画を福士蒼汰さん主演でドラマ化したものです。

手を重ねた人の「死の運命」が“視える”という特殊な能力を持つ救急救命士・花巻みことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

豪華キャスト陣を迎え、どんな盛り上がりを見せてくれるのか非常に楽しみですね!

さて今回は、「4分間のマリーゴールド花屋の店員役は誰?名前もチェック」と題し、4分間のマリーゴールド第1話ゲストキャストで、花屋の店員役を演じた女優の経歴やプロフィールをまとめていきたいと思います!

この記事で分かること

  • 4分間のマリーゴールド第1話のあらすじと予告PR動画
  • 花屋の店員役を演じた女優の経歴やプロフィール

それでは詳しく見ていきましょう。

4分間のマリーゴールド第1話のあらすじと予告PR動画

まず始めに、4分間のマリーゴールド第1話のあらすじと予告PR動画を確認していきます。

第1話のあらすじ

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。
家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。
義姉・沙羅を愛してしまったのだ。
血は繋がらないとはいえ、戸籍上姉である沙羅への気持ちを必死に抑えるみことだが、その想いは日々募るばかりだった。

ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。
思わずみことが男性と手を合わせると、無情にも亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。
運命を変えたい一心で、ビジョンと違う行動を試みるみこと。すると患者の意識が戻り、一命をとりとめたのだった。
初めて死の運命を変えることができたと、興奮するみこと。

しかし数週間後、救急要請で向かった先は、同じ患者のアパートで…

“生”と”死”に向き合うみことと、義姉・沙羅との禁断のラブストーリーが幕を開ける!

引用元:公式サイト

4分間のマリーゴールド|花屋の店員役は加藤小夏!経歴やプロフィール

4分間のマリーゴールド第一話ゲストキャストで、花屋の店員役を演じた女性は、女優・加藤小夏さんでした。

以下、加藤小夏さんの経歴やプロフィール等をまとめていきます。

加藤小夏のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

加藤小夏さん(@__cnp_)がシェアした投稿

  • 名前:加藤小夏(かとうこなつ)
  • 愛称:こなぴー
  • 生年月日:1999年6月26日
  • 出身地:東京都
  • 高校:八王子実践高校(2018年3月卒業)
  • 身長:164㎝
  • 血液型:A型
  • 星座:蟹座
  • 趣味:カメラ、ダンス、
  • 特技:ダンス(ジャズヒップホップ歴11年)
  • 事務所:サンミュージックプロダクション
  • 公式Instagramはコチラから
  • 公式Twitterはコチラから

加藤小夏の経歴

加藤小夏さんは東京都出身の女優で、1999年6月26日生まれの現在20歳。

中学1年生の時に原宿の竹下通りでスカウトされた事を機に、芸能界入りを意識し始めました。

スカウトされた当時はソフトテニス部に所属していた為、現在からは想像できないほどに顔が黒かったそうです。後のインタビューでは、そんな当時を振り返り「顔も丸く、ガングロの自分の何が良かったのか?」と語っていました。

5歳の頃から”安室奈美恵”さんに憧れてダンスを習っていた加藤小夏さん。

その経験を活かしダンスオーディションを受けた際に、現在の事務所(サンミュージックプロダクション)にスカウトされ芸能活動をスタートさせました。

2015年に出演したNTT西日本のCMや、2016年〜2017年に出演したポカリスエットのCMでは”謎のCM美女”として密かに注目を集めていたそうです。

というのも「宣材写真」を撮影後、事務所がテレビ各局に配るとその反響は凄まじく、多方面から問い合わせが殺到。高校卒業前に謎の美女を確保するため、多くの依頼が舞い込んだようです。

そんな加藤小夏さんの宣材写真はコチラ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

加藤小夏さん(@__cnp_)がシェアした投稿

「透き通るような白い肌。均整の取れた顔立ち。今にも吸い込まれそうな純粋な瞳。」等、 その絶賛ぶりは凄く、雑誌「pen」では“2018年のバズる美女”の一人として選出していました。

地上波初登場は、2018年の「痛快TVスカッとジャパン」で、悪女に翻弄されながらも互いに想いを寄せ合う同級生との胸キュンラブストーリーを演じました。

「透明感があり、存在感も抜群な女子高生役。」とネットニュースを中心に大きく話題になっただけでなく、大手WEBニュースでも「今後期待の若手女優」として取り上げ、一躍脚光を浴びました。

またドラマでは、2019年1月期放送の「初めて恋をした日に読む話」で今井桃役を演じ話題を呼んでいます。

まだ20歳ながらもCMやドラマに出演するたびに、ここまで話題になる女優は中々いませんよね。

“話題の美女”から国民的女優へ。今後の加藤小夏さんの活躍からはひと時も目が離せません!

【余談】

余談ですが、加藤小夏さんはYouTuber水溜りボンドの特別企画ドラマにも出演しています。
この動画は170万回以上再生されています。(※2019年10月時点)

水溜りボンドのトミーさんも”可愛すぎる”と、デレデレしていました。笑

スポンサードサーチ

最後に

以上、「4分間のマリーゴールド花屋の店員役は誰?名前もチェック」をご紹介しました。

4分間のマリーゴールド第一話ゲストキャストで、花屋の店員役を演じた女性は、女優・加藤小夏さんでした。

「宣材美女」としての異名を持つ加藤小夏さんは、まだ出演作品こそ少なく世間の認知度は低いものの、何かと出演するたびに知名度を上げている魅力的な女優さんです。

2020年公開の映画「踊ってミタ」では、ヒロイン・古泉ニナ役に抜擢されるなど、今後の活動が非常に楽しみですね!

まだ加藤小夏さんのことを知らなかった方は、今のうちにしっかりとチェックしておきましょう。

それでは今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です