Spotify新CM「飛行機」篇の俳優は管勇毅!経歴やプロフィール

Spotify(スポティファイ)新CM#音楽さえあればいい「飛行機」篇が2019年5月より公開されています。

今回の舞台は飛行機の中。

隣の女性が間違えて椅子を後ろに倒したことで男性がジュースをもろに被ってしまい、しかもその状態で男性は音楽を聞くという、かなりシュールな内容のCMでしたw

ところでオレンジジュースを顔面にぶちまけた男性、イケメンでしたよね!?

コメント欄でもビッケブランカさんの新曲「Ca Va?」と同じくらい注目されていました!

しかし、現在ネット上に書かれてある記事はどれも”誰か分かりません””分かり次第追記します”といったものばかり。

えっ?CMのキャストは調べれたら分かるのでは・・・と思い、検索したところすぐに判明!!
やっぱり今のご時世検索すれば大抵のことはすぐに分かってしまいますね~。

そこで本記事では「Spotify新CM「飛行機」篇の俳優は管勇毅!経歴やプロフィール」と題し、Spotify新CM「飛行機」篇でオレンジジュースを顔面にぶちまけた俳優・管勇毅さんの経歴やプロフィールをまとめていきたいと思います!

この記事で分かること

  • 管勇毅さんの経歴やプロフィール

それでは詳しく見ていきましょう。

Spotify新CM#音楽さえあればいい「飛行機」篇

まずは、Spotify新CM#音楽さえあればいい「飛行機」篇を確認していきます。

シュールさ満点でめちゃめちゃ面白いCMでしたね!笑

■Spotify新CM「飛行機」篇のキャプチャ

女)あっ・・・すいません。

男)メロディーが流れる♪

音楽さえあればいい。Spotify

Spotify新CM「飛行機」篇の俳優は管勇毅!

それでは、記事テーマであるSpotify新CM「飛行機」篇でオレンジジュースを顔面にぶちまけた俳優・管勇毅さんの経歴やプロフィールをご紹介していきます!

  • 名前:管勇毅(かんゆうき)
  • 生年月日:1983年5月20日
  • 出身地:大分県日田市
  • 身長:180cm
  • 体重:65㎏
  • 特技:書道・サッカー・熊本弁
  • 事務所:ワイ・ケイ

管勇毅の経歴

管勇毅(かんゆうき)さんは大分県出身の方で、1983年5月20日生まれの現在36歳。

まだまだ知名度が高くない俳優さんなので、詳細な情報はあまり公開されていませんでしたが、おそらく2007年の映画『イモムシ進化論』で主演&役者デビューをされています。

デビュー以降は、出演歴を見る限り、”役名”が与えられていない役(端役)を演じることが多かったようです。

端役なので当然画像等も入手できないものが多いですが、映画『八日目の蝉』や『踊る大捜査線~THE FINAL~』、そして『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』に出演していた実績があります。

■聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

またテレビドラマでは、大河ドラマ『平清盛 第41話-藤原師高役-』や『八重の桜 第23話-姉歯武之進役-』で出演していた他、話題作『相棒-古畑健介役-』にも出ていたようです。

ちなみに管勇毅さんはCMでナレーションを務めた過去があり、その時の声はコチラ↓です。

■JTCM「想いを受けとる、ひとのそばに」篇

Spotify新CMでは全く喋らなかったのでイケメン俳優の声が気になっていましたが、意外にも優しく落ち着いた声でした!

そんな管勇毅さんは、現在公開中の映画『空母のいぶき』に出演しており、また連続ドラマ『悪党』WOWOWの第5話(6/9)に出演予定とのことです。

どちらも端役なので発見するのが大変だと思いますが、管勇毅さんをぜひ探してみてください!笑

■管勇毅さんのこれまでの出演作品はコチラ↓です。(※公式プロフィールへ飛びます。)

管勇毅が所属する”ワイ・ケイ”はどんな事務所?

管勇毅さんが所属している”ワイ・ケイ”は、俳優の役所広司さんなどを中心に俳優のマネジメントを行う芸能プロダクションです。

所属タレントは、役所広司さん・井上肇さん・望月章男さん・管勇毅さん・内村遥さん・沖原一生さんの計6名。

※ワイ・ケイの公式サイトはコチラから

会社名から察した方も多いと思いますが、ワイ・ケイ事務所は役所広司さんの個人事務所で、イニシャルを会社名にしています。

そんな役所広司さんの個人事務所に、管勇毅さんがどういう経緯で所属するようになったかは分かりませんが、おそらく関係者の紹介や役所広司さんからのスカウトではないでしょうか。

スポンサードサーチ

最後に

以上、Spotify新CM「飛行機」篇の俳優は管勇毅!経歴やプロフィールをご紹介しました。

Spotify(スポティファイ)新CMに起用された管勇毅さんは、これまで”端役”としての出演が多かったため、出演しても中々覚えてもらえない状況でしたが、今回のCMでは”イケメン俳優”としてかなり注目されています。

このCMをきっかけにメディア出演が増え、”イケメン俳優”として管勇毅さんがブレイクしてくれれば良いなと思います。

それでは今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です