エネオスCMの柔道家は阿部兄妹!世界最強の経歴・実績を調査!

エネオスCM「ENEOSエネルギーソング柔道」編が2019年6月より放送されています。

東京2020オリンピックに向けた宣伝CMとなっており、今回は活躍が期待される柔道界最強の兄妹、阿部一二三(ひふみ)選手と阿部詩(うた)選手、そして日本柔道界のレジェンド・野村忠宏さんが出演されました。

そこで今回は「エネオスCMの柔道家は阿部兄妹!世界最強の経歴・実績を調査!」と題し、柔道界最強の兄妹、阿部一二三(ひふみ)選手と阿部詩(うた)選手の経歴や実績等をまとめていきたいと思います!

この記事で分かること

  • エネオスCM「ENEOSエネルギーソング柔道」編の動画&キャプチャ
  • エネオスCMに出演した阿部兄妹の経歴や実績、プロフィール等

それでは詳しく見ていきましょう。

エネオスCM「ENEOSエネルギーソング柔道」編

まず初めに、エネオスCM「ENEOSエネルギーソング柔道」編を確認していきます。

■エネオスCM「ENEOSエネルギーソング柔道」編のキャプチャ

女)今、厳しい練習を続ける少年少女にエネルギーが届けられます。

野)あの二人、世界最強の兄妹って言われてますからね。

女)ENERGY for ALL

女)よしっ私達も!

女)東京2020オリンピックのゴールドパートナー、エネオスです。

エネオスCMの柔道家は阿部兄妹!世界最強の経歴・実績を調査!

それではエネオス新CMに出演した、”世界最強の兄妹”と言われる阿部兄妹の経歴や実績、プロフィールを見ていきましょう。

阿部兄妹のプロフィール(実績)

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿部 詩さん(@abe_uta)がシェアした投稿

■阿部一二三のプロフィール(実績)

  • 名前:阿部一二三(あべひふみ)
  • 生年月日:1997年8月9日
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 兄弟:3兄弟の真ん中(次男)
  • 血液型:O型
  • 身長:167cm
  • 大学:日本体育大学(在学中)
  • 好きな言葉:「努力は天才を超える」
  • 公式Instagramはコチラから
  • 公式Twitterはコチラから

世界柔道選手権
2017 ブダペスト 66㎏級
2018 バクー 66㎏級
グランドスラム
2014 東京 66㎏級
2016 チュメニ 66㎏級
2016 東京 66㎏級
2017 パリ 66㎏級
2017 東京 66㎏級
2018 エカテリンブルグ 66㎏級
2018 大阪 66㎏級
世界ジュニア
2014 フォートローダーデール 66㎏級
世界ジュニア団体
2014 フォートローダーデール 66㎏級
ユースオリンピック
2014 南京 66㎏級
世界カデ
2013 マイアミ 66㎏級
アジアユース
2012 台北 60㎏級

■阿部詩のプロフィール(実績)

  • 名前:阿部詩(あべうた)
  • 生年月日:2000年7月14日
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 兄弟:3兄弟の末っ子(長女)
  • 血液型:B型
  • 身長:158cm
  • 大学:日本体育大学(在学中)
  • 公式Instagramはコチラから
  • 公式Twitterはコチラから

世界柔道選手権
2018 バクー 52㎏級
グランドスラム
2017 東京 52㎏級
2018 パリ 52㎏級
2018 大阪 52㎏級
2016 東京 52㎏級
グランプリ
2017 デュッセルドルフ 52㎏級
2018 フフホト 52㎏級
2019 フフホト 52㎏級
世界ジュニア
2017 ザグレブ 52㎏級

阿部一二三の経歴

阿部一二三(あべひふみ)選手は兵庫県出身の柔道家で、1997年8月9日生まれの現在21歳。

6歳の時にテレビで柔道を見て「かっこいい」と思ったことがきっかけで、柔道を始めたそうです。

小学生の頃は全国大会へ出場もできなかった実力が、神戸生田中学へ入学すると一気に頭角を現し、2年生の時には全国中学校柔道大会55kg級で優勝を飾りました。

また3年生の時には、60kg級に出場しオール一本勝ちで2階級制覇を達成した他アジアユースでも優勝しています。

神港学園神南高校へ進学してからは66㎏級に階級を上げ、一年生のときには全日本カデで準優勝を飾り、以降高校3年間で数々の賞を受賞しました。

高校2年時のインターハイでは、”圧倒的な勝利”で強さを見せつけたことから、全日本代表の監督である井上康生さんは「高校生のレベルを凌駕している」と大絶賛したそうです。

高校卒業後は日本体育大学へ進学し、世界の舞台で金メダルを量産するなど圧倒的な怪物ぶりを発揮しました。(※実績参照)

現在は世界ランキング1位で、東京2020オリンピックでの活躍が大いに期待されています。

阿部詩の経歴

阿部詩(あべうた)選手は阿部兄妹の末っ子(長女)で、2000年7月14日生まれの現在18歳。

5歳の時に、2人の兄から影響を受けたことで柔道を始めました。

兄・一二三選手同様に、小学生の頃はそれほど際立った成績を収めていませんが、周囲からは”天才肌”と評価されていたようです。

以降世界チャンピオンになるまで躍進を遂げますが、その原動力となったのは、小学生の時にある大会であっけなく負けてしまった”悔しさ”からだそうです。

夙川学院中学に入学すると、それまで以上に真面目に取り組むようになり、3年間を通して大事な大会で”優勝”こそ逃すことが多かったものの、徐々に頭角を現し始めました。

中学卒業後は夙川学院高校に進学し、現在でいう”怪物”という名を手にするまでに活躍されました。

阿部詩さんの実績のところを見て頂けたら明快ですが、高校3年間で出場した世界大会では金メダルを計8つも獲得し、2018年の世界選手権では世界チャンピオンにまで上り詰めています。

4月からは兄・一二三さんと同じ日本体育大学へ進学した阿部詩選手。

現在世界ランキング2位という実績を手にしているものの、「令和で一番活躍できるようにもっと強くなりたい」と語っているので、東京2020オリンピックではかなり期待できますね!

スポンサードサーチ

最後に

以上、「エネオスCMの柔道家は阿部兄妹!世界最強の経歴・実績を調査!」をご紹介しました。

エネオス新CMに出演した阿部兄妹の経歴や実績等をまとめてきましたが、間違いなく”最強”です。

ただやっぱり最初から”最強”だったわけではなく、お二人とも圧倒的な努力をされてここまで上り詰めていました。

私たちも阿部兄妹から見習うべき点がたくさんありそうですね!

ちなみに、阿部兄妹が出場されるであろう世界柔道選手権東京大会2019は、8月25日(日)から開催されます。

皆さんで、阿部兄妹を応援しましょう!!

それでは今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です